整理収納

キッチンツール収納は仕切る&立てる!無印良品グッズの活用術。

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今回は、キッチンツール収納に便利な無印良品の商品をご紹介します。
タオルハンガーの記事でも触れましたが、最近のシステムキッチンは、スライドレールの深い引き出し式収納が多くなってきていますね。
このタイプは、上から中身が一覧できるようにして、ワンアクションで出し入れできることが大切です。そのためには、仕切る&立てるを考えると作業効率がUPします。

まずはキッチンツールについて。長さや形がバラバラなので、絡まりやすいですよね。
我が家はオープンキッチンのため、リビングダイニング側からキッチンが丸見えです。ゴチャゴチャ見えてしまうので、吊り下げ収納や、スタンドに立てることはしたくなかったのです。浅い引き出しの中に並べようかとも思いましたが、ラップや袋類を収納した方が便利だったのでやめました。

そこで、無印良品のポリプロピレンメイクボックス・仕切付をコンロ下の引き出しの中に置くことにしました。使いたいツールがすぐに取れるよう、1マスに対してツール1本を立てています。

また、同じく無印良品のアクリル仕切りスタンドの、仕切りが大きい方にまな板とフライパンを、仕切りが小さい方にフタを立てることにしました。
金属同士がガチャガチャ当たる音が好きではないので、よくある金属のワイヤー製で幅が変えられるフライパン立ては使っていません。
コンロの下の引き出しを上から見るとこんな感じです。
手前にポリプロピレンメイクボックスの仕切付を3個並べ、奥にアクリル仕切りスタンドを置いています。左側には、立てられない鍋やザル、ボウルなどを置いています。

モノを収めるとこんな感じです。
キッチンツールの場所は厳密には決めていませんが、右側に最も使うものを入れるようにしています。我が家の場合は、キッチンバサミ、菜箸、おたま、調理スプーンなどです。


横から見た様子です。引き出しをあけて、上から手を伸ばせば余裕で出し入れができます。(身長167cmです)

ちなみに、使用頻度が低い鍋やバットなどは、上にもう一段引き出しがついているので、そこに入れています。

中身が一覧できるようにして、ワンアクションで出し入れできるようにすれば、料理や片付けの作業効率UPします。そのためには、仕切る&立てる!ぜひ取り入れてみてください〜!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。