整理収納

無印のEVAケースとクリアケースで!仕切り付きマスクケースを自作しました

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

お正月休みもそろそろ終盤。今日はマスクケースについてです。

年末の帰省時、3種類のマスクを持ち運ぶことになりました。

ちょうどいいモノがなかったので作りました。自分で試してよかったので、ご紹介しますね!

左から、大人用、長男用(4歳)、長女用(6歳)です。

私が大事にしたポイントは、中身が混ざらず、残量がわかること。半透明上から見渡せて目的のモノがサッと取れるケースであることです。

ちなみに、この方式が便利だったので、我が家ではマスク以外にもポイントカード&クーポン券用にも使いはじめました。

色々使えるので是非参考にしてくださいね!

それでは、作り方を詳しく説明していきますね!

材料は2点。無印良品の「EVAケース・ファスナー付き B6」100円(税込)と、「ポリプロピレンクリアケース A5用・5枚入」100円(税込) で、計200円です。

クリアケースはA4サイズでもOKですが、カットする分量が多くなってもったいないので、私はA5サイズを使っています。

A5サイズのクリアケースは、レシート整理やハガキ系など、細々した紙モノで意外と使えますので、この機会に是非。

まずはクリアケースで「仕切り」を作ります。何もしないと、EVAケースよりもクリアケースの方が大きいのでカットして使います。

定規、カッター&マット(もしくはハサミでもOK)、印をつけるためのペンをご準備ください。

クリアケースを約12cm×約20cmにカットします。厳密でなく大体で大丈夫です。

ただし、クリアケースの繋がっている側と、紙を挟む側の向きだけ間違えないようにご注意ください。必ず、画像の向きでカットしてくださいね!

次に、もう1回カットして仕切りに「段差」をつけます。これは、厳密にはやらなくても使えますが、段差をつけた方が使い勝手が良いです。

紙を挟む側の、上の1枚だけ2cmカットして、下はそのままにして下さい。

と説明してもわかりにくいので、動画をご参照下さい!

カッターを使う時は、クリアケースをマットの角に挟むと上の1枚だけ確実にカットできます。

尚、私はカッター作業に慣れているので使っていますが、もちろんハサミでも全然問題ナシです。くれぐれも、怪我されないように~!

これをEVAケースに入れると仕切りになります。

入れるだけで3部屋できるので、3種類のモノが混ざらず一覧することができるのです。

もし我が家のように3種類もマスクがなかったとしても、ポケットティッシュや絆創膏など、色々と使えますね!

EVAケースB6サイズは、約21.7cm×約14.7cm。(マチはないですが、中身によって厚みが変わります)

小さめショルダーバッグにも入ります。出先でもサッと出し入れ可能で便利です!(動画が黒背景×黒バッグで、暗くて申し訳ないです…)

試したところ、画像の3種類で、最大8枚ずつ(計24枚)入りました。ただし、パツパツになってファスナーがギリ閉まる感じです。

工夫次第で様々なモノの収納に転用可能な、仕切り付きマスクケースのご紹介でした!

簡単にできますので、是非参考にしてみてくださいね!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!


フォロワー4万人超のInstagram!こちらも是非フォローしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。