お客様の声

お客様の声 特別版「ストレスが激減!家にあるモノを活かし、使いこなせる状況へ」

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今回は、お客様の声 特別版をお送りします。
私の整理収納サービス(3ヶ月継続サポート)を受けられたWEB×PRプランナーの那波佑香さん。
取材・編集・写真は、ビジネス構築プロデューサーの竹之内こももさんです。

今回は、インタビュー形式で、もう一歩踏み込んだ内容で、サービスを受けられた視点からご感想をいただきました。また、私が普段どんなことを考えてサービスをご提供しているのか、より伝わりやすい形に表現していただきました。

それではどうぞ〜!

ストレスが激減!
家にあるモノを活かし、使いこなせる状況へ。
これが私の腕の見せどころなんじゃないかと思っています。

雑誌に「片付け特集!」なんてあると、即、手に取ってしまう、でも、結局・・・雑誌の中の世界、その記事を読んでも私の家は片付かない・・・なんてこと、ありませんか。
起業直後から依頼がたえず、インスタライブのゲストにまで呼ばれてしまう整理収納アドバイザー 水谷妙子さん。
雑誌を見て指をくわえていた私も「はっ!」としました。
水谷さんのサービスは単に、片付けではない!お客様の部屋のみではなく、見える未来も変えられる女性!
子供の成長=我慢の時期、この考えを覆します!二度と戻らない今を等身大に家族全員で無理なく楽しむ。今の自然な延長線上に子供が少しずつ成長していく暮らしがある。
そこまで含めた『現在=今』この瞬間をクリエイトする整理収納術に出会ったことがありますか。
あなたの中にある『うちは無理だよな』『テレビや雑誌の世界よね』なんて言葉が吹っ飛ぶ、水谷さんの整理収納術、お楽しみください!

取材・編集・写真 竹之内こもも(ビジネス構築プロデューサー )


ものとかぞく 主宰 水谷 妙子
無印良品で生活雑貨の商品企画&デザインを13年間務める。手がけた商品 は500点以上。「忙しいママたちをラクにする」をテーマに活動中。6歳、3歳、1歳の3児のママ。

どうしても解決できない、
長年抱えたキッチンのストレスが完全解消!

 

—–本日は、水谷妙子さんのサービスを受けられた那波佑香さんにお越しいただき、 サービスを受けた【率直な感想、変化など】をお話しいただきたいと思っております。 では、那波さん、水谷さんの整理収納サービスを受けられたきっかけからお話しいただけますか。

那波さん
那波さん
はい。実は、私、もともと本やブログなどを読んで整頓するのが好きで、 整理収納が得意な方だと思っていたんですね。
ただ、キッチンが狭くてカン、ビンを入れるゴミ置き場がない。 それがストレスで相談しました。

—–ゴミ置き場がないことがストレスだったのですね。

那波さん
那波さん
はい。たった15センチしかない幅の場所に、しかも高さもぴったりの商品を紹介して頂いて、あっという間に長年のストレスがなくなって、プロの技にびっくりしました。
那波さん
那波さん
情報って、知らなければどう調べればいいかすらわからない。 欲しい情報が引き出せないからこそ、 データベースの量が格段に違うプロからご提案いただける内容は格段に違ったし、 その自分で調べる時間や手間を含めてサービスを購入した感じでした。

「もう衝撃的でした!!」
そして、また衝撃が・・・。

—–水谷さんの整理収納サービスは、単に整理整頓するだけではなく 生活スタイルも改善できると伺っていますが、今回もそのような提案をされたのですか。

水谷さん
水谷さん
事前ヒアリングをさせていただき、「キッチンのゴミ箱が・・・」ってことで行かせていただいたんですけれど、 作業をする中でゴミ箱だけに留まらず、色々なところを変えていこうとなりました。
那波さん
那波さん
そうそう。ヒアリングの中で家事の不満をこぼしたんですよね(笑)
年に2、3回、私が忙しすぎると夫と家事育児分担で揉めることがあるんです。 タイミング的にその直後だったんですよね。
私も忙しいとつい余裕が無くなってしまい、 夫に対する要求もきつくなってしまうこともあって・・・。 そこで水谷さんが、切り出してくださったんです。

〜作業中の会話から〜

水谷さん
水谷さん
何が原因で揉めちゃいましたか。
那波さん
那波さん
昨日揉めたのは皿洗い問題です!(笑)
水谷さん
水谷さん
じゃあ、家事の仕組み化をしていくのもひとつの手段ですよね。献立の立て方や食洗機の導入で大幅に変わりますよ。
那波さん
那波さん
えー。でも、うち、キッチン狭いから食洗機入れられないんですよ!!
水谷さん
水谷さん
(キッチン周りを見回して)これの収納をこうして、こっちをこうして・・・。ほらっ、ここ空きますよ! そしたら、ここに食洗機入りますよ!!
那波さん
那波さん
えっ?! え〜〜?!?!

長年の思い込みを解消!自力では難しくなっている根本的な問題解消の提案!
「あー、それ、できますよ!!」「えっ?!」

那波さん
那波さん
もうすっごい衝撃でしたよ!空いたよ〜!!みたいな(笑)うちキッチンが狭いから、食洗機なんてもってのほかと思っていたのに・・・。 凄い衝撃を受けて、これが他の方とは違う水谷さん独自のプロの技なんだと感じた瞬間でした!
水谷さん
水谷さん
住んでいると現状を毎日見ているのでそれが当たり前の光景になりますよね。 私もそうですが、何かを根本的に変えるということが自力ではできなくなってしまうんですよね。 その点は、客観的に見せていただいて、全然問題ない、できますよ!と提案します。
那波さん
那波さん
そうなんですよね。ゴミ箱も食洗機も無理だと思っていました。その上、他のところで使っていた収納ケースが、 キッチンのパスタ入れになったり・・・(笑)えっ?ここで使うの??みたいな衝撃がまたあって!(笑)
水谷さん
水谷さん
新しい物を購入するのは、1番最後の手段と考えます。 おうちの中で余っている収納用品で活用しきれていないものを生まれ変わらせて、 今までとは全く違う方面で活かすことができたりするんですよね。 今回も旦那さまの収納ケースがパスタ入れに(笑)

長年のストレスから解放!
暮らしが変わる、水谷妙子の整理収納術!

—–水谷さんから那波さんへの【暮らしが変わる】提案はどのようなものだったんですか。

那波さん
那波さん
最近家で仕事をすることが増えて、どうしてもリビングのテーブルで仕事をしてしまう。 保育園のお迎えぎりぎりまで仕事をして、机の上がごちゃっとしたままお迎えに。 帰ってすぐご飯の支度をして机の上がひっちゃかめっちゃかみたいなのもストレスを感じて相談を。
仕事場でもあるリビングダイニング Before
水谷さん
水谷さん
そこから、第2弾として、仕事の書類、家のもの、娘さんのものをまとめる情報ステーションを、カウンターの辺りに作ったところなんですよね。
那波さん
那波さん
いや〜、これ、すごいの!!現状を見てくださってこんな風にしたら?とプロのアドバイスをいただいて!
収納グッズもモノによっては高かったりもするので、その辺、たくさんリサーチしてくださって、 最終的に価格が抑えられて、しかも、やる気が出るようなかっこいい商品を探していただいたんです!
リビングダイニング Afterの様子。キッチンカウンター下が劇的に変化!
水谷さん
水谷さん
私もそうなんですけど、家で仕事をしている方は、書類など色々多くなっちゃうし、 お子さんがいると尚更!しかも、那波さんの娘さんはこれから幼稚園に入るので、生活がまた変わる。 そこを予想できたので、このような提案をしました。
スムーズな仕事と家族団欒の両立が可能!
那波さん
那波さん
今までわざわざ席を立って取りに行って、戻って来て、ってやっていたパソコンからの印刷も、 片手で「ぴっ」ですよ!もうストレスが凄い軽減したし、なんか社長エリアみたいになって、気持ちも上がるし、仕事もはかどります!

「洗濯物を畳むことが正しいって誰も言ってないんですよ(笑)」
「仕組みづくり」から「家族が笑顔になる暮らし」の提案

—–水谷さんの整理収納術は、最初の依頼内容に留まらず、家庭生活全般に関わる問題解決になりそうですね。

水谷さん
水谷さん
そうですね。今回も最初のきっかけはゴミ箱ということでしたが、色々なところを見せていただくと、 こんなところにストレスを感じていそうだなっていうのが見えてくるんですよね。 そこを1つ1つご提案していき、根本的なストレスや問題を解決できたらと思ってやっています。

—–これで全て解決したんですね。

那波さん
那波さん
実は、副産物がもう1つあって・・・。この情報ステーションを作る作業の日に、 夫が休みを取ってくれて一緒にやってたんですけれど。
その時に、水谷さんに 「夫のクローゼットが少し小さいから、何か買った方がいいですかね」と相談したんですね。
ちょうど例の家事育児の負担問題の直後だったもので、そんな話にもなりまして・・・。

〜作業中の会話から〜

那波さん
那波さん
夫が洗濯物をしまうのが苦手で、畳んだ服が衣装ケースの上にどんどん積まれていくのがストレスなんですよね。
旦那さま
旦那さま
身体が大きいから屈むのが嫌で。腰が痛いし・・・
水谷さん
水谷さん
なるほど・・・ じゃあ、全部ハンガーにかけたらどうですか!!
那波さん
那波さん
えっ、かけるんですか?!Tシャツもハンガーに?ズボンも?デニムもですか?!
水谷さん
水谷さん
はい!洗濯した時にハンガーにかけて乾かし、そのまま収納したらいいですよ。
旦那さま
旦那さま
それめっちゃいいですね!(大喜び)
那波さん
那波さん
一緒に参加することにも意味があるんですね。夫がいる時にこの話ができてよかったです。 話が早いし、やる気を出してくれるし、仲間外れじゃないですし!
きっとね、彼は彼で家事をしてるのに、私に「してない」って思われるのがストレスだったんですよね。 その調和ができ、いい感じに回るようになりました。
水谷さん
水谷さん
那波さんは、シルバー人材センターの方に洗濯物を畳むことを外注するくらい、畳む作業が生活の中でも「嫌なこと」だったとお聞きして。 だったらそれをやらなくていい仕組みにすればいい=1番ストレスがない生活になる思うんですよね。
だってね、洗濯物を畳むことが正しいって、誰も言ってないんですよ(笑)
那波さん
那波さん
そっかー!確かに!!
水谷さん
水谷さん
それが当たり前だと育ってきた、そんな環境の中で育ってきたら それが正しい、しなければならないって思っちゃってると思うんですけど、全然そんなことなくて・・・。
手放していく、やらなくていい仕組みにしていくっていいですよ!

—–手放していく、ですか。

水谷さん
水谷さん
例えば、洗濯物をいつまででも畳んでいたいんですって人は、それが人生の中で喜びの1つになっていますから、そこを大事にするんですが・・・
どうしてもストレスだったら、やらなくてもいい方向に持って行くことは非常に大事です!

—–ストレスになるぐらいなら、やらなくていい!ですか。

水谷さん
水谷さん
はい。事前のアンケートで、何が好きで何が嫌いか、 そして生活の中でのストレスについて聞くようにしています。何がその人の生活の中でストレスになっているのか、これを必ずお聞きしてそこを手放していけるように提案しています!

私の家を最大に有効活用できる【整理収納提案書】我が家の取説!

—–水谷さんのサービスの特徴の1つに、その家独自の提案書を制作してくださると伺ったのですが・・・。

水谷さん
水谷さん
はい、まずどういうプランがあるかというのを、ご本人だけじゃなく、家族でも共有できるように提案書を作成しています。那波さん、あちらは活用していただけましたか。
那波さん
那波さん
もちろんです。凄く良かった点が2つあって。
ひとつは、夫が一緒に取り組んでくれるようになりました。 基本的にうちの夫は私に一任すると言っていたので任されていたのですが、 提案書を見ることによって現実味が帯びて、夫にもはっきりと選択肢が見えたんですよね。 自分たちで選べるっていうことでモチベーションがあがって、一緒にできました。


提案書詳細(3MB)

那波さん
那波さん
もうひとつよかったのは、後から私自身が復習できる安心感になったことです。 現場で教えていただきながら聞いていと全部覚えきれないこともありますが、 あとから受け取れる形としてくださるので安心でした。

ストレス軽減、生活の手間減少、家族が変わる、その秘密は?!

—–水谷さんの整理収納サービス後のご家族の変化などありましたか。

那波さん
那波さん
娘のスペースも固めたことで、本人がすごく喜んでいて、毎日テンションが上がっている感じです。
幼稚園に入園するので、自分でお支度ができる仕組みを作ったので、ここがあなたの場所なんだよというのがわかるようになりました。
水谷さん
水谷さん
1回整理収納サービスが入ったことで、 ご家族皆さんの家づくり、整理収納のスイッチが入ったんですね。
そうなると、使いにくさとかストレスに敏感になって来て、それを何とかしようと自然と考えるようになるんですよね。
那波さん
那波さん
期待以上の効果でした!私は整理が元々得意だと思っていましたので、 こういうサービスは受けなくていいと思っていたんですね。 でも、無意識のうちにこんなにストレス抱えていたなんて・・・。 ここをこうするだけで、こんなに手間が少なくなるとか、 感激しちゃうくらい嬉しい大きな変化です。

家族のこれからの活動予測を立て、未来を見据えた暮らしを提案。
安いと言わせるその技術!

—–最後に、【水谷妙子さんの整理収納術】はどんな人にお勧めだと思われますか。

那波さん
那波さん
・片付けが苦手
・もしくは、苦手じゃないけれどより良くしたい
・自分が頑張りすぎてて辛い
・何かを手放して時間が欲しい、ラクになりたい
・家具選びに失敗したくない方
これらの方にとても合うと思います。


—–家事に育児に、忙しいママにピッタリのサービスですね。

那波さん
那波さん
水谷さんにお願いして本当によかったと思うことがたくさんあるのですが、その中でもこんなアドバイスをいただけるのかと思ったことは、家族のこれからの活動予測なんです。
水谷さんご自身が3人のお子さんのお母さんで、子供たちの成長過程を見ていらっしゃるから 「今はこうだけど、次のステージになったらこういう風になると思うので、そうなったら・・・」という仕組み作り、先を見たアドバイスをいただけたのがありがたかったです。具体的には、「娘さんのお部屋は将来どこにする予定ですか。」と聞いてくださって。
水谷さん
水谷さん
「じゃあ、いずれこの収納を明け渡さなきゃいけなくなるから、ここは使わないで仕組みを考えた方がよいですね。」と いう感じです。
那波さん
那波さん
今が良ければ、ここを使おう!に普通なっちゃいますし、 そもそも自分だけでは、その後どうなるかという発想は持てませんでした。 この視点が存在するということを学べたこともお願いしてよかった点だと思っています。

—–先輩ママならではの視点ですね。

那波さん
那波さん
私は、3歳のお母さんの目しかなかったから、「そうか、4歳になたらそういうこともあるのか。」 「小学生になったら・・・」というのがわからなかったし、想像もしていなかったんですよね。 こういう目線でのアドバイスが物凄くありがたく、これも水谷さんの強みだと思いました。

—–子供はどんどん成長していきますもんね。

那波さん
那波さん
私もそうですが働くお母さんって、 いかに時間を生み出すのかっていうのが永遠の課題ですよね。 そこで水谷さんの整理収納術は本当におすすめです!サービスは今、受けるものなんだけど、驚くことにそれが仕組みとして一生残る。 それを考えると、このコストってすごい安い物だなって思いました。
編集後記

仕事として、撮影しながら、話を聞いていたのに、水谷さんのプロの姿勢、魅力に引き込まれ、途中でカメラを押す手を止めて聞き入ってしまった。
お客様に「安いと思えるくらい得るものがあった!」と言わせるプロの知識、技術、引き出し力、発想、心を温かくする提案。
本の情報で私の家も最高の状態になると思いがち。でも・・実際なった?!
この人なら、私の家を最大限楽しめる取説を作ってくれる。そんな想いで心が躍った。
まずい・・・凄い整理収納アドバイザーに出会ってしまった!
頼んじゃう??頼んじゃった!!

取材・編集・写真  竹之内こもも

いかがでしたか?

現在、水谷妙子のサービスはこちらの3種類をご提供しています。
最後までお読みいただいた上、末尾のフォームからお申し込みくださいませ〜!

【4月より料金改定】
整理収納サービス

【オンライン開始】
こどもの自立を育むお片づけ講座

【新サービススタート】
赤ちゃんとの暮らしをラクにする巣作り講座

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。