ハワイ子連れ旅行記③ 2日目(時差ボケ〜ビーチ&プール遊び)

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

2018年11月 子連れハワイの旅のまとめシリーズ。③ 2日目でーす!

ハワイ玄人の友人Rちゃん(元・ハワイ添乗員&2児の母)によると、子連れ旅にはビーチ直結がマスト!と言っていた理由を、しみじみと感じたアウラニの2日目。

朝食は、徒歩5分のショッピングモール、コオリナステーションの中の、Eggs’n Thingsへ行きました。


我々夫婦は、パンケーキ好き。あとアサイーボウルやハンバーガー、タコスなども。味覚が単純?ミーハー?ハワイ寄り?とにかく大好きなのです。

しかし、起床時から嫌な予感はしていたのですが、5歳長女と3歳長男は、ひとくち食べてリバース

直前に察知したので被害は最小限でしたが、屋外の席でホントよかった…。

元気なのは1歳次男のみ。パンケーキとオムレツをモリモリ食べて、ガブガブ飲んでおりました。

なんとかホテルの部屋に戻り、グッタリと眠る2人を見て、ちょっとまだ海外は早かったかなぁ、強行しすぎたか…など反省。

大人も時差で身体がしんどいのに、子どもにはもっとキツイはず。前日は上の2人は昼寝もせずにテンションMAXだったので、一気に疲れがきたのかなと思いました。

すると、12時頃(ちょうど日本時間の朝7時頃)に2人ともムクッと起床。
今日はゆっくり部屋で過ごそうかと思っていましたが「遊びたい」というリクエストに応えて泳ぎに行くことにしました。

もちろん、ダメだったらすぐに戻ってこれる前提です。

部屋で着替えたら、速攻でプール&ビーチ!この疾走感、伝わりますでしょうか。。。

アウラニは、ホテルの中庭の広大なプールエリアが有名です。流れるプール、スライダー、ウォーターアスレチック、ちびっ子向けプール、18歳以上限定の落ち着いたプールなど。

プールなのにダイビング体験ができて、その断面?から魚を見られるエリアもあります。

また、静かなビーチに面しているのもアウラニの特徴です。特にプライベートビーチというわけではないようですが、その立地から、ほとんどが宿泊客と思われます。無料レンタルのタオルを借りたら、デッキチェアに席を取って(タオルを置いて)水中へ。
泳ぎに飽きたらタオルを巻いてチェアへ。これが最高にラクでした。

そしてプールを堪能したら、すぐに海へ〜!ビーチ直結の素晴らしさ!!

着替えやタオルなど、かさばるものを持っていく必要がないのと、何か買うにしてもルームチャージができるので、家族全員が水に入っている時に貴重品の心配をしなくていいのは助かりました。

子連れプールといえば、真夏に熱中症になりかけながら、水中以外は汗だく!っていう修行みたいなやつしか経験したことのない我が家にとって、リゾート的な遊泳ははじめて。

子ども達もゆっくりできて楽しそう!

日本から持って行った、お気に入りの足つき浮き輪で、トコトコ…

また、日差しは強くて暑いですが、水中から上がると結構冷えます。肌寒い東京からやってきた人間には、この寒暖差が地味に辛い…!

特にこども達はもっと寒そう!タオルを巻いてすぐに部屋へ戻れるので、寒い時間を最小限にできるのはよかったです。

グダグダな午前中はどうなることかと思いましたが、子ども達の体調や気分に合わせてフラリと泳ぎに行けるのは、ビーチ直結のホテルならでは。

ハワイ玄人の友人Rちゃん(元・ハワイ添乗員&2児の母)から言われていた、旅行中は予定は詰め込みすぎず、臨機応変にという言葉が身に沁みた2日目でした。

ハワイ子連れ旅行記④ 3日目へ続きます。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP