子連れ旅

ハワイ子連れ旅行記⑤ 4日目(名物マカヒキ〜ビーチ〜ワイキキ観光)

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

2018年11月 子連れハワイの旅のまとめシリーズ。⑤ 4日目でーす!

前日寝坊して行けなかったリベンジで、朝7時からディズニーキャラクターと会える、名物のマカヒキへ。

まずはミッキーと会うため、屋外の列に並ぶこと5分ぐらい。さすがトップ・オブ・キャラクターのミッキー。オーラが違います。

家族ひとりひとりに丁寧にハグしてくれてありがたや…!!

ミニーは各テーブルへまわって来てくれました。料理を取りに行ってる人がいたりすると、配慮してくれて自然にパス。揃っている時にもう一度来てくれました。

この日はグーフィーもテーブルに来てくれました。うちの子どもたちは割と怖がりで、大きなキャラクターを目の当たりにすると「やっぱり、いいや…」となることが多いのですが、今回はスーっと近寄って行きました。

これがディズニーキャラクターの魅力なのでしょうね。しぐさ、オーラ。素晴らしい〜!

写真は自分のスマホやカメラでも撮ってもらえるのですが、専属のカメラマンが何カットも撮影してくれています 朝食中に係の方がやってきて、写真やデータの購入の案内を。

データのみは$35。データ+プリントで$45。一瞬迷ったけど記念にと思い、我が家は$45を選択しました。

朝食のメニューも豊富&とても美味しく、こどもも大人も楽しめました!

朝食を堪能した後は、アウラニ最後のビーチ&プールへ!

昼間とは違い、朝は人が少なくてオススメです。

着替えたあとは、お土産を物色。アウラニのショップには限定のグッズが盛りだくさん!我が家は娘が気にいったクリスマス用のオーナメントを購入しました。

チェックアウトの後は、移動時間まで1時間弱あったので、景色を見ながら軽めの昼食を済ませました。

旅行を計画した当初、アウラニに2泊するか3泊するか迷いました。(ただでさえアウラニは高額なのでね…)

友人Rちゃんから「子連れで2泊だと、本当に慌ただしくなってしまうよ〜」とアドバイスをもらい、3泊に決めました。

結果的に、子どもたちの体調&気分が落ち着くのに時間がかかったので、2泊だと充分楽しめなかっただろうなと思います。3泊にしておいて、本当に良かったなぁと実感しました。

そしてアウラニを後にして、ワイキキへ向かいます。

宿はマリオット リゾート&スパ。ここも、添乗員としてあらゆるホテルを泊まりつくしたハワイ玄人のRちゃんからのオススメです。

我々はハワイ初心者なので、利便性や安全面においても、デラックスクラスに泊まりたいという思いがありました。ここの魅力は「デラックスクラスの中でも、コスパがよい」ということです。

ホテルのロビーでJALのCAさん達をたくさん見かけたので、JALの定宿なのかなと思いました。

お部屋は、シングルベッドが2台と、

反対側に、ダブルベッドが2台ありました。

ベッドガードは無いと言われてしまいましたが、そのかわりに簡易ベビーベッドをお借りしました。ベッドを壁につけて、ソファで挟んでスキマがなくなるように。

ベビーベッドにマクラを敷き詰めて足側に配置。たとえ落ちても痛くないように。ちょっとした罠みたいになりました。
向かって右側に3人の子ども達を寝かせて。3泊しましたが、とりあえず誰も落ちませんでした。

ちなみに、今回渡航前に心配していたワイキキのホテルで起こっているストライキ。対象は、旧スターウッド系のマリオット、つまりシェラトン系列だそう。我々が泊まったマリオットリゾート&スパはストライキはしておらず通常営業でした。

シェラトンやモアナサーフライダーの前では朝から晩まで拡声器と太鼓?でドンチャンやっていましたよ。そしてワイキキ。トロリーに乗ってアラモアナショッピングセンター周辺へ。

まずはターゲットへ行き、ベビー&キッズ用品のチェックを。抱っこ紐やエイデン&アネイのおくるみは、日本より安いかなと思いました。

整理収納アドバイザーという職業柄、収納用品もチェック!やっぱり現地のスーパーは楽しい!

その後も周辺エリアのショッピングを楽しんだあと、ホテルへ戻り夫が楽しみにしていたd.k ステーキ ハウスでTボーンステーキを。
食後はワイキキのメイン通りのカラカウア通りを歩きました。時間は19時ぐらいだったのですが、都市部なのでホームレスや治安の悪さなどが目についてしまいます。

ちょっと怖いなと感じる場面もありました。子連れでこの時間に出歩いて反省。 アウラニがあったコオリナ地区との違いを感じつつ、早々にホテルに戻って就寝!

ハワイ子連れ旅行記⑥ 5日目へ続きます。

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。