子連れ旅

ハワイ子連れ旅行記② 1日目(アウラニ着〜ホテル&周辺散策)

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

2018年11月 子連れハワイの旅のまとめシリーズ。② 1日目(アウラニ着〜ホテル&周辺散策)です。

ハワイの旅程を、友人のRちゃん(元・ハワイ添乗員&2児の母)に相談した時に、とにかくオススメはアウラニ・ディズニーとのこと。

仕事でもプライベートでも、ハワイ中のホテルに泊まったことがあるRちゃんからのアドバイス。

アウラニ・ディズニーは、特にディズニーファンじゃなくても、ワイキキの喧騒から離れて、ゆっくりリゾートを楽しみたい。且つ、子連れに嬉しい設備やイベントが揃っている人にはとっても良いホテルということでした。

また、特に未就学の子連れ旅の場合ビーチに直結というのが重要ポイント、と言っておりました。これについては本当に実感したので、次回 ハワイ子連れ旅行記③ 2日目で触れますね。

ということで、我が家は前半3泊はコオリナ地区のアウラニ、後半3泊はワイキキのマリオットに泊まることにしました。

基本的に観光地のホテルは大人向けに作られているので、子ども目線でのサービスは二の次になっていることが多いと思います。私も子連れで何度かリゾートホテルに泊まってみて、惜しい…と思ったことは何度もあります。

でも今回アウラニに泊まってみて、本当に、子どもも大人も楽しめるホテルだなぁと実感しました。

まずは、フロントの前にある、アニメが流れている小部屋。チェックイン&アウトの時に待ち時間が長いと子どもらがグダグダする心理をよくわかっていらっしゃる!

そして、アンティーズ・ビーチ・ハウスという3歳から12歳までの子ども向けの室内保育施設もあります。しかも基本、無料ですよ!素晴らしい!

チェックイン直後にいきなりjoinした我が家の5歳と3歳。ず〜〜っと移動だったので、遊び不足で消化不良だろう。

ということで、たくさん遊びがあって楽しそうだったので預けました。写真は、直後の様子です。大人は見学以外では基本は中に入れません。
ビーチサイドで、1歳次男を寝かしつけながら、ベーグルサンドを食べておりました。

すると〜!アンティーズ・ビーチ・ハウスから1時間もたたずにお呼び出し!

本場の英語のシャワーにビビりまくり、2人とも泣いてしまって収拾がつかなかったようです。うう、たくさん遊びがあって、良かれと思ったんだよ〜!ごめんよ〜!

このあとは気分を切り替えるために、アウラニから徒歩5分ぐらいのショッピングモール、コオリナステーションへ。

 

アウラニとフォーシーズンズに泊まっている人は、ほとんど利用するんじゃないかな?と思います。

バーやレストラン、お土産屋などもあり、こぢんまりとしていますが色々と楽しめます。

我々もアイスを食べたり、周辺を散策したりして過ごしました。

「ステーション」という名の通り線路が通っているのですが、週1回、日曜日に限定でさとうきび列車が通るそうです。

私たちは見れませんでしたが、運がよければ列車が見れるかも?

この中のABCストアの姉妹店のアイランドカントリーマーケットで夕飯や水の買い出しをしました。お肉や野菜なども置いてありデリやサラダ・スープなどもお店の中で購入することが可能です。

そのあとは、ビーチで軽く遊んだりして過ごしました。

今回アウラニで3泊したお部屋は、コンドミニアムタイプでした。キッチン&リビング&ダイニングで1部屋。寝室は別にあり、収納型のエキストラベッドも1台ありました。

ハワイの消防法に定められている通り、5人の旅になるとこんな感じのファミリールームか、2部屋をつなげたコネクティングルームになり、一気にグレードが上がってしまうのですよね。4人の旅とは全然違います。

でも!コンドミニアムで大正解でした。ダイニングテーブルがあり、しかもキッズチェアを用意してもらったので、とても助かりました。

外のお店で買ってきたご飯を部屋で食べる時、普段の家での食事に近い感じでスムーズに食べられました。

室内には踏み台があったり、お願いすればベッドガードも貸してくれたりと、色々な設備に子ども目線が行き届いているなと感じました。

時差により、大人も子どもも体力の限界。長〜い1日は18時頃に終了となりました。

ハワイ子連れ旅行記③ 2日目へ続きます。

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。