日常

ふるさと新潟県上越市の味をご紹介します

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今日は私の出身地である、新潟県上越市の名産について。

年末に帰省した際に実家の母に振舞ってもらったご馳走。東京へ持ち帰ったお土産。ふるさとの食に触れ、改めて「美味しい…」と感じました。

新潟県は南北に長く、(ちょうど、日本の本州の形をギュギュっと小さくしたような形です)海と山に囲まれた立地です。

その中でも上越市は、「上」という字を使うぐらいなので「北」の方…と思われがちですが、実は「南」の方です。古都である京都に近い順から、上越→中越→下越になります。

昔から様々な食べ物に恵まれ、これらを加工した料理や保存食が郷土の味としてたくさんあり、生産者の方々が頑張って作っております。

全国各地からお取り寄せ可能な2点をご紹介しますね。

まずはお餅です。(お正月気分も終わったところですが、ご紹介を…)

久比岐(くびき)もちです。コチラからご購入いただけます。

左から、ごま餅、白餅、草餅です

私の実家も米農家で、毎年コシヒカリを出荷しています。ただ、もち米は作っていないので、実家でまとめ買いをしているこのお餅を分けてもらっています。

(多品種のお米を育てて出荷することは、莫大な手間がかかり、容易なことではないのです…!)

こちらのお餅は、甘さ、コシが抜群!ただ焼いただけで、美味しいです。

他では見ない、豊富なラインナップも魅力のひとつです。ぜひお気に入りのお餅を見つけていただきたいです。(私は、おしるこ×草餅がお気に入り)

次に、笹団子です。

こちらも、新潟の名産として様々なメーカーから販売されています。

我が家も、東京に戻る時のお土産として笹団子を購入しますが、実家の母から「これが一番美味しいから」と太鼓判を押されるので、必ずこちらを購入します。

御母家(おもや)の笹団子です。コチラからご購入いただけます。

柔らかく風味の良いお餅と、甘すぎないのでいくらでも食べられる餡。日持ちは、製造日より4日間(夏場は3日間)と足が早いですが、冷凍も可能です。

こんな感じで繋がっています。新潟産の笹で、地元のお母さんだちが熟練の技で丁寧に包んでいます。

笹団子の食べ方の正解は、バナナの皮をむくように…ということだそう。こうすると手も汚れません。

こどもたちも大好き。(全く↑のように食べていませんが…)新潟から戻ってきた翌日の朝ごはんは笹団子と決まっています。

いかがでしたか?新潟県上越市の名産、2点のご紹介でした。

日本の第一次産業、米農家の娘として、微力ながらも「新潟の食」を伝えていければと思います。それでは!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!


フォロワー4万人超のInstagram!こちらも是非フォローしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。