整理収納

お片付けが苦手な人ほど、ファイルボックスは半透明がオススメ!

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

インスタでも、Webメディアでも、雑誌でも。収納にファイルボックスを使うことは、今やとても一般的ですね。

ところで、無印良品では、このファイルボックスは、2色販売されていることをご存知でしょうか?

ひとつは(正しくは、限りなく白に近いホワイトグレーといいます)と、もうひとつは半透明です。

私は、無印のファイルボックスは半透明を選びます。特に、扉の中で使用する場合は、断然、半透明がオススメです。

なぜなら、白を選ぶと中身が見えなくなるからです。一方で「扉を開けた時にゴチャゴチャみえるのが嫌!」という理由で白を選ばれる方が多いことも知っています。

でも、自分だけでなく家族も含めた「片付けやすさ」という目線で、本当に白を選ぶ必要があるか、この記事をきっかけに、少しだけ考えていただければ幸いです。

見え方実験です。全く同じものを半透明(左)と白(右)のボックスに入れます。

どうでしょうか。半透明(左)の方は「ラップがはいっているらしい」ことがわかります。一方、白(右)の方は「白い!」という情報しかありません。

何かを出し入れする時、なるべく簡単に行いたいですよね。片付けが苦手な方は特に。

そのためには、出し入れにかかるアクション数を少なくし、瞬時にモノの場所が「わかる」ことが大事です。

ボックスが白いと、扉をあけると「白い壁」が現れて、中身が瞬時に「わからない」のです。

「いやいや、そのためにラベルをつけているし!」という方もいらっしゃると思います。

そこでもうひとつ追加の情報を。画像優位性効果をご存知でしょうか。文字情報のみよりも、画像(現物)情報の方が認識しやすい現象を言います。

脳は、文字よりも画像(現物)の方をより早く処理でき、記憶しやすいと言われています。白と半透明では、瞬時に目に飛び込んでくる情報量が、全然違うのです。

たかが一瞬、されど一瞬。この半透明ボックスは、少なくとも我が家においては、片付けやすさに大きく貢献しています。

例えば、このお弁当用品の収納。ファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド・1/2を使っています。

扉を開けると、中身が目に飛び込んでくるので、頭が働いていない (?) 朝でもよくわかります。

他にも、こどもの鼻水吸引器。これは、衛生用品なので一応フタをして収納しておきます。

こどもの鼻水があまり出ない時は、クローゼットの収納しています。中身がうっすら見えているので、私以外、たまに夫が使う時でも瞬時にわかります。

私自身だけでなく、夫やこども達もわかりやすくしておくこと。それは、家の中の収納をメインで考える人ができる、同居の家族への「思いやり」「優しさ」だと思っています。

完璧に片付けられる人が、白を選ぶのはいいと思うのです。でも、もし家族に一人でも片付けが苦手な人がいたら…?

「いつの間にか、ボックスの中がゴチャゴチャになる」

「家族から何度も何度も、モノの場所を聞かれる」

「ラベルをつけているのに、元の場所に戻せない」

そんなことが続いた場合は…

もしこれからボックスを買われることがあったら、半透明もご検討いただき、片付けのハードルを下げていただきたいです。

参考になれば幸いです。


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。