片づけが苦手な人ほど、ちょっと待った!お下がりをもらわない勇気

整理収納アドバイザーの水谷妙子です。

今日は「子ども用品のお下がり」について。

特に子ども用品は、もらう⇄あげるが気軽に行われやすいですよね。

こんな感じで、紙袋に入っていただくのですよ。小分けの場合もあるし…

どーん!ものすごい量を一気にという場合も…。

「あれば使えるかな」「断るのも悪いし」片づけられない時代の私はもらってました。

でも今あるモノも満足に管理できないのに、お下がりを整理して、収納して、手放す…?冷静に考えるとキャパオーバー。

そして「子ども用品は夫婦で選びたい。それが我々の趣味、人生の楽しみだ」と思いました。

まずは今あるモノを優先し、お下がりは勇気を出して「もらわない」選択をすることに。

どうしても断りにくい時は「お気持ち」を受け取ったことにして、モノは手放すように。

ちなみに、お下がりをもらった人が「使いこなせなかった…」と悩む必要はないです。

もっと言うと「いらなければ捨ててくれていいから!」もしんどい。それを「見分けて、手放す」のだって結構たいへんなんです。

相手が昔の私のように整理できなくて困っている人かも。捨てるのが辛い人かも。

相手の適量はわからないし、本心もわかりません。だから私は、人にお下がりをあげないようにしています。

結果、我が家はお下がりがなくても、今あるモノだけで十分まわりました。

モノは「あれば、あるほどいい」ではないです。使う人が選んだり、出し入れにストレスがない、というのも量の目安ですね。

まずは、今あるモノを管理してみて余裕があったらもらう、でもいいかも。

以上「お下がりをもらわない勇気」でした。ひとつの意見として、参考になれば幸いです。

それでは!


初の著書、好評発売中です!「水谷妙子の片づく家 余計なことは何ひとつしていません」(主婦と生活社)のご購入はコチラからどうぞ♪

もし少しでも気になる方は飛んでいただき、ご購入いただけたら嬉しいです!

●Amazonコチラからどうぞ♪

●楽天ブックスコチラからどうぞ♪

●セブンネットコチラからどうぞ♪

●ヨドバシ.comコチラからどうぞ♪

●hontoコチラからどうぞ♪

●全国書店ネットワーク e-honコチラからどうぞ♪

●主婦と生活社コチラからどうぞ♪(試し読みができます)


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP