子育て世代あるある。絵本のカバー&帯ってどうしてる?

整理収納アドバイザーの水谷妙子です。

今日は、絵本カバーについて。クリスマスに、じいじ&ばあばから子どもたちへ絵本を贈ってもらいました。

ここ数年は、向こうからリクエストを聞いてくれるので、絵本をお願いすることが多いです。

絵本は、カバー&帯をそのままつけておくと外れやすくて読みにくそうだったり、端っこは意外と鋭利。

以前、外れた拍子に手を切ったこともあるので、我が家の場合、絵本を手に入れたら早々に本体と分け、捨てます。

片づけられない時代は「売るかも」とか「なんか捨てにくい」とか「カバーや帯なんて、場所を取らないし!」ということで取っておいたのですが…。

数年経って、結局絵本を売ることはないし再びつけることもないとわかり、捨てることに。

特に低月齢の時は雑に扱われたり、いつのまにか落書きされていたりして、我が家の場合「売れる状態」でなくなることが多いです…。

ちなみに、親が読む本は売ることもあり、状態良好にするため、外しません。

また、絵本カバー自体に何か仕掛けがある場合は捨てずに取っておくことも。写真は、今回もらった大型本「MAPS」のカバー。

捨てるor取っておく。どちらにしても、これまでの経験や、そのモノ対しての対する想いを考えてみるのがオススメ!

「これを行う意味って、なんなんだろう」というように、理由を言語化してみるといいですよ。「なんとなく取っておく」が溢れると、結構厄介だったりしますので…。

しかし…「絵本のカバーや帯を捨てる…」なんて。と、出版社の方やブックデザイナーの方が方が読んだら悲しい気持ちになるかもなと思ったり、私も本の著者の端くれなので、何とも微妙な心境。

投稿すること自体、どうなんだろうかと思いましたが…

でもやっぱり「子育て世代あるある」だし、よく質問されるので、我が家の場合をお答えしてみました。参考になれば幸いです。

それでは!


新刊情報です。


【タイトル】水谷妙子の取捨選択 できれば家事をしたくない私のモノ選び
【発売日】2020年11月26日(木)
【出版社】主婦の友社

今回の本は、家事をラクに回すコツと、それを助けてくれるモノのご紹介です。コロナで買い足したモノや新しい習慣など、インスタ未掲載の情報も盛りだくさん!

ご購入はコチラから〜!

●楽天ブックスからどうぞ♪(楽天の限定特典が付きます)

●Amazonからどうぞ♪


1冊目の著書の方も、好評発売中です!「水谷妙子の片づく家 余計なことは何ひとつしていません」(主婦と生活社)のご購入はコチラからどうぞ♪

もし少しでも気になる方は飛んでいただき、ご購入いただけたら嬉しいです!

●Amazonコチラからどうぞ♪

●楽天ブックスコチラからどうぞ♪

●セブンネットコチラからどうぞ♪

●ヨドバシ.comコチラからどうぞ♪

●hontoコチラからどうぞ♪

●全国書店ネットワーク e-honコチラからどうぞ♪

●主婦と生活社コチラからどうぞ♪(試し読みができます)


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP