家事

縫わずに、たたむだけ!ハンカチとヘアゴムの簡単マスク

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

ザワザワする日々ですね。我が家のこども達のマスクが底をつきそうで、どうしたものか…と思っていたら…!

Instagramで、ハンカチ等を販売されているインターモード川辺さんの素敵なアイデアと出会いました。

ハンカチとヘアゴムで簡単にマスクを作る方法です。私の方で再撮、投稿する許可をいただきましたので、ご紹介しますね!

まず、ハンカチを用意。四つ折りにします。左右にヘアゴムを通して両端をたたむだけ!

折りたたんだ方を内側にして装着!上下を軽く引っ張り、顔にフィットさせます。

サイズ調整は、両端をたたむ時に行います。こどもも、大人も使えます。

同じサイズ(30cm×30cm)のハンカチとヘアゴムを使っていますが、たたむ量で調節できます。

特にお子様がご使用の場合は、耳が痛くならないように顔幅にあわせてサイズ調節をしてくださいね!

ちなみに、白い生地はこども達が赤ちゃん時代に使っていたガーゼ(30cm×30cm)です。皆様のお宅にもあればぜひ。

もちろん、お手持ちの柄モノを使っても♪このハンカチのサイズは30cm×30cmです。

もっと小さなサイズを使えば、幼児にも。24cm×24cmの麻ハンカチです。

30cm×30cmサイズと比べると、マスクの仕上がりサイズが変わりますね!

我が家の2歳&4歳(♂)が不在だったので幼児に近い頭囲の方で、イメージだけでも。

大判ハンカチ、手ぬぐいなど、色々な布で検証した結果、あまり大きなサイズだとゴワゴワしたり、息苦しくなったりしました。

もしサイズを選べるのであれば、30cm×30cmぐらいがベストかなと思いました(というか、赤ちゃん用のガーゼが最強でした)

ヘアゴムは、私は娘のものを使いましたが、自分でカットして使うタイプや、手芸用の平ゴムでも代用可能です。(輪ゴムはちょっと痛いかも)

簡単なので、こどもでも折り紙感覚で作ることができました!覚えてしまえばカンタン。

今回のマスク不足以外にも、イザという時、災害時にも使えるワザです。ご自宅にあるものでお試しください!

最後に。マスク欠品だけでなく、マスクの有用性に関しても、色々な情報が飛び交っています。

皆、ただでさえストレスフルな日々。せめて「マスクが無い」という不安だけでも取り除きたいと思い、この記事を投稿しました。

色々と大変ですが「知恵と工夫」をフルに使いながら、この難局を乗り切っていきたいなと思っております。

それでは!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!


フォロワー4万人超のInstagram!こちらも是非フォローしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。