家事

お風呂掃除をラクにするために!我が家の工夫

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

突然ですが、私はお風呂掃除が嫌いです。しなくていいなら、したくない!そんな考えの持ち主なので、いかに掃除をラクにするかを考えています。

カビがはえにくい、ぬめりがでにくい、汚れやゴミを発見しやすい。こうするために実践していることをご紹介します。

まずは、お風呂のフタですが、我が家は使いません。大きいので、掃除しにくいものですよね。

家族が続けて2回に分けて入浴し、最後の人がお湯を抜いて掃除するので、フタをつける必要がありません。今だと、まず夫+こども3人が入り、続けて私が一人で入る&掃除をする、という感じです。

フタがある場合は、このフックに引っかけます

ただ、お風呂に入る時間がバラバラだったり、お住まいの場所によってはフタは必要だと思います。特に私の出身の新潟県は、特に秋冬は無いと大変!色々な条件があると思うので、ご参考まで…!

ちなみに、お風呂のフタは入居時から一度も使っていなくて、別の場所に収納しています。フタ用のフックは、なぜかこども達のお風呂遊び用ゴーグルをかけています笑

次に、風呂イスです。これ以前は使っていましたが、撤去しました。

理由は…お恥ずかしい話、私は以前ギックリ腰になりまして、風呂イスに座れない時期がありました。

私は使えないけど、夫とこどもチームの入浴では活躍しているものと思っていました。夫に聞くと「ぜんぜん使ってなくて、みんな立ってる」ということでした。ということで、撤去してみました。

今は、私は必要な時はバスタブに腰掛けます。というか、こどもの出産を期に自分の洗髪・洗顔がめちゃくちゃ早くなりまして座っているのもほんの数分。別にバスタブでいいな、というのが結論です。ちなみに、洗面器も誰も使っていないという事実が発覚し、撤去しました。

ボトルはラックやホルダーは使わずにバーに並べるだけです。

これは、我が家のバーが太い&壁からの距離感がイイ感じなのでできる置き方です。

一時期、セリアのボトルハンギングフックを試したことがあったのですが「別になくてもいいな」となりました。ボトルは、入浴時に使う時は鏡の下の台に並べて、使い終わったらバーの上に戻します。

そして、排水口のフタも、家族の入浴時以外は外しています。

ここが一番カビ&ぬめりが発生しやすく、お掃除のハードルが上がり、テンションが下がる部分です。フタをしているとゴミが溜まっている様子も気がつきにくいので、思い切って外すことにしました。

我が家では最後に入浴する人がザッと掃除をするのですが、排水口のフタも一緒に洗って、元々壁についているワイヤー棚に置き、水切りします。

ワイヤーといえば、お風呂用のオモチャもワイヤーカゴにひとまとめにしています。こども達と入るときはカゴごと下ろし、入浴後はフックに吊るして水切りします。

使っているのは、無印良品のステンレス横ブレしにくい先割れフックと、ステンレスワイヤーラック・15cm幅です。以前、こちらの記事でも書いております。

掃除道具も少ないです。普段使うのは無印良品の掃除用品システム バス用スポンジ軽量ショートポールです。

掃除用品用の置き場所は、浴室乾燥をする時のバーの上です。カラッカラに乾燥させ、入浴の時は脱衣所に置いています。ブラシや洗剤もありますが、常にお風呂にはなくて、脱衣所に置くことにしています。

我が家の工夫はこのような感じです。

私の場合「嫌いなお風呂掃除をいかにラクにするか」と考えた時に行き着いたのは、汚れる要因をいかに減らすか、でした。

風呂フタ、風呂イス、洗面器など、アイテム名だけ聞くと普通に買って、普通に置いてしまいがちなモノばかり。

でも「それ今の生活で、本当に必要?」と向き合った時に、「別になくてもいいな」と思えたので、減らしてみることにしました。

いきなり捨てずに様子をみてみると「これで全然いいじゃん」となり、そこから掃除が随分ラクになりました。

お風呂に限らず「それ今の生活で、本当に必要?」と考えていただくきっかけとなればいいなと思います。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。