家事

こんなに小さいけどプチストレス軽減!透明クッションゴムで滑り止め

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

前回ご紹介した、透明クッションゴム。一袋買うと、意外とたくさん入っています。せっかくなので、今回は傷カード以外の使い道である「滑り止め」についてご紹介しますね。

まず、透明クッションゴムには色々なタイプがあります。サイズや粘着力がそれぞれ違いますので、適材適所でお使いください。

我が家は基本「3M 直径7.9mm しっかりつくタイプ」を愛用していますが、今回は100均のセリアを使っている様子もご紹介しますね。

この画像の中で、2箇所クッションゴムを使っている場所があります。さて、どこでしょうか…?

アップにしてみましょう。わかりますか?

まずは、よく使うトレーの滑り止めです。

しまい込まずに出しておきたいのですが、気がつくとズズズ…。こうして2箇所貼っておくと、サッと立てかけてもズレなくて便利です!

次は、毎朝使うコーヒーフィルターのケースに!スルスル~っと奥の空間に移動しがちでしたが、本体の四隅に貼っておくだけでズレにくく、取り出しやすくなりました!

そして、伸縮タイプの水切りカゴにも。

これも「伸縮」だけに、ズレやすいのが悩みでした。元々キッチンに備え付けのスポンジラックのように、引っ掛けて固定できないかと考えてました。

伸縮水切りラックをベストの長さに調節してから、透明クッションゴムをシンク側に貼りました。

ワイヤーがゴムを乗り越えにくいよう、ちょっとだけ厚い(3mm)100均セリアを使用しています。

たったコレだけで、使用時は格段にズレにくくなりました。シンクの形状的にこれ以上左側に寄せられないので、透明クッションゴムは3箇所の固定です。でも、我が家はこれでも意外と大丈夫でした。

ちなみに、我が家では問題なく使えていますが、貼る場所の素材の種類、表面の仕上げ、置かれる環境によって異なると思います。説明書きを見ながら事前に各々ご確認ください。

また、ツルツルした面には、剥がした時のダメージはそれほどないと思うのですが、壁紙や木など凹凸があったり、デリケートな素材の場合は、剥がす時にダメージがあるかもしれません。

気になると場合は、目立たない場所で試してからご使用ください。もしくは粘着力が弱いタイプを選ぶか。適宜調整していただければと思います。

以上、透明クッションゴムのご紹介でした!ぜひ参考にされてみてください!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。