こどものシーズンオフ衣類に!無印のキャリーボックス・ロック付

東京都小金井市の整理収納アドバイザー  水谷妙子です。

こどものシーズンオフや、サイズ待ち(これから着るサイズ)の衣類収納、皆さんはどうされていますか?

我が家には6歳4歳2歳と3人いますが、彼らの衣類は無印良品のポリプロピレン キャリーボックス・ロック付を使用しています。

私は、特別な理由がない限り「フタ付きの収納用品」は使いませんが、こちらは使用頻度が低いのでホコリがつかないよう&重ねて収納するのでフタ付きを選択しています。

フタにロックがついているので、出し入れの時に中身が落ちません。

(注)この商品には別バージョンがあって、ただフタが乗っているタイプもあります。私が使っているのは商品名に「ロック付」と書いてある方です。

これらの衣類は、言わば「2軍」なので、子供部屋のクローゼットの一番上に収納しています。おもちゃの2軍も同じ場所にあります。

普段は扉の中に隠れていて、使わないものだからこそ、半透明のボックスを使って見える化をします。

こうしておくと、扉の中にあっても目に触れる機会が増えるので、いざ使う時にサッと目的のものを取り出すことができます。

こちらでも書きましたが、収納用品の色の力はとても大きいです。

天井近くの最も見えにくい場所に、白など不透明のボックスだと、下ろしてこないと中身がわからないんです。

ただでさえ目隠し(扉)がある上に、開けても更に収納用品の色で目隠しをする意味は「全く無い」と思っています。

ものの把握が苦手な方、見えないとブラックホール化してしまう方ほど、収納用品は半透明をオススメします。

次は、衣類の量について。こども3人分のシーズンオフ&これから着るサイズ待ちの衣類は、1人1BOXにしています。

左から、6歳長女、4歳長男、2歳次男のボックスです。

厚手の冬物・アウターなどは3人一緒にまとめています。

私は実家が新潟で、雪国へ帰省する時だけ着るもの(ニットやヒートテックなど)は、普段の冬物と混ざらないよう別にしています。

量は「ボックスに収まるだけ!」と決めているので、入らない場合は中身を見直します。

よく見ると汚れが激しかったり、こどもがあまり着たがらなかったり、持っているだけで実は一度も着ていなかったり。そういうものがないか、シビアに判断していきます。

我が家では「キャリーボックス・ロック付」は、主に衣類に使っていますが、それ以外の雑貨収納にも使えます。

よろしければ、ご参考にされてみてくださいね!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP