「仕切る」ってなんだか難しそう?実はとてもシンプルです!

整理収納アドバイザーの水谷妙子です。

先日の投稿で、100円のドアポケット用仕切りについて投稿しました。

http://taekomizutani.com/pocket-shikiri/

「でも、仕切る…ってどうしたらいいの?難しい

と思われる方も多いと思います。改めて「仕切る」に対しての私の考え方をご紹介します。(概念的な話になります)

そもそも「仕切る」ってどういうこと?→大部屋を個室に分けることです。

分けたモノが混ざらないようにするのです。(だから、仕切る前に、分けること=整理から!)

(例)洗面台の下のストック収納。それぞれのカテゴリの部屋を作ってわかりやすくしています。

出し入れの時に、何らかのストレスがかかるモノを仕切ります。

(例)冷蔵庫ポケットにひっかける仕切り。開閉のたびにマヨネーズが倒れていましたが、仕切ると倒れなくなりました。

もっとわかりやすく言うと、「混ざると困るモノ」を仕切ります。

(例)私が仕事で使う棚板の金具入れ。混ざってしまうとサッと使えないし、在庫管理しにくいのです。

アレコレ考えずに済む。迷わずに済む。つまり、ラクになるモノを仕切ります。

(例)子どもの衣類収納の引き出し。(IKEAのトロファスト )ひとつだけ仕切りを入れて、パンツと肌着を分けています。この2分類だけでも、子どもも大人もラクに!

逆に言うと、かえって面倒になったり迷いが出るものは仕切らない!

(例)子どもの文房具トレー。付属パーツで仕切れるけど、「子どもが使いにくい」ので仕切りません。

(例)冷蔵庫も、仕切って奥まで使いやすくするエリアと、大きく空間をあけておき、急に大物がきても収納可能エリアを作っています。

大小、凹凸、色んな形があるモノは、仕切ってしまうと使いにくくなりがちですよね。

(例)文房具の引き出し。色々な長さのペンや、その時々によって量や種類が変わるモノの場合、仕切らない方が便利。

(例)同じ引き出しでも、コチラは仕切ります。使用頻度が明らかに違うから分けておきたいモノや、細かくて混ざると面倒なモノは仕切ります。

自分と家族が、ラクになるなら仕切る。辛くなるなら仕切らない。

これが、私が考える「仕切り」のルールです。

モノ、場所、頻度、使う人で違うので、「この場合はどう?」と試してくださいね!それでは!


初の著書、好評発売中です!「水谷妙子の片づく家 余計なことは何ひとつしていません」(主婦と生活社)のご購入はコチラからどうぞ♪

もし少しでも気になる方は飛んでいただき、ご購入いただけたら嬉しいです!

●Amazonコチラからどうぞ♪

●楽天ブックスコチラからどうぞ♪

●セブンネットコチラからどうぞ♪

●ヨドバシ.comコチラからどうぞ♪

●hontoコチラからどうぞ♪

●全国書店ネットワーク e-honコチラからどうぞ♪

●主婦と生活社コチラからどうぞ♪(試し読みができます)


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP