こどもとお片づけ

子供の文房具収納に事務用レタートレー

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

我が家の娘(5歳)と息子(3歳)は、お絵かきや工作が大好き。
ちょっと時間があると、何かしら描いたり作ったりしています。
今回は子供の文房具収納についてのアイデアをご紹介します。

こどもの文房具の定位置

我が家では、ダイニングの壁面収納の真ん中。一番アクセスしやすい場所がこどもの文房具の定位置です。
おもちゃ収納エリアに置かない理由は、お絵かきや工作はダイニングテーブルで椅子に座って行うからです。
まだ小さい1歳の息子もいるので、細い色鉛筆やハサミなどの扱いが気になります。
1歳の子の手が届かず、大人の目が届く高さで作業してもらっています。

文房具は、購入時に入っていたケースは捨ててしまい、種類ごとにざっくり分けて無印良品のポリプロピレン デスク内整理トレーに入れています。
この商品は中身に合わせて細かく仕切ることができるので、デスク内だけでなく、様々な場所で活用できます。
折り紙は、セリアのフタ付きボックスに収納しています。

こどもの収納のポイント

こどもとお片づけのおもちゃ収納・衣類収納のコーナーでも触れましたが、こどもの収納のポイントのおさらいです。
①こどもがワンアクションで出し入れできること
→設置する場所(動線)、高さ、重さに配慮して、お片付けのハードルを下げる。
②何が入っているか、中身がわかること
→中身がわかれば上からポイポイと投げ込み収納も可能。ラベリングも大事。

ここから、市販の引き出しを買うのではなく「棚っぽいものを何段か」を設置して、そこに無印良品の整理トレーを収めるのがベストだなと判断しました。

事務用品のレタートレーを活用

気軽に設置できる「棚っぽいものを何段か」は、事務用品のレタートレーを使うことにしました。
Amazonで購入した、Acrimetのものです。ブラジルのメーカーのようです。

段数や色、タテヨコを選ぶことができ、1,000円〜2,000円程度で購入することができます。
我が家はA4横の3段、不透明のブラックカラーにしました。
素材はアクリルで、アルミのパーツを使って簡単に組み立てることができます。意外と頑丈で、一度はめるとズレません。

実はこの前に、別のメーカーのレタートレーを使っていました。
(当たり前ですが)書類に特化した作りのため、棚の上下の間隔が狭く、無印良品の整理トレー(高さ4cmほど)を出し入れしにくかったので買い換えました。
このAcrimetのレタートレーの最大の特徴は、棚の上下の間隔が約9.5cmと広いこと。レタートレーでこれほど間隔が広いものは珍しいのではないかと思います。(その分、全体の高さは出ます。)
出し入れしやすいように手前に少し角度がついているので、トレーをスルッと入れることができます。
それ以外は余計な凹凸もなく、こどもでもスムーズに出し入れすることができます。

この仕組みを導入して数ヶ月。我が家のこども達は、特に問題なく、使ったあとも上手にお片付けできています。
私も毎朝の保育園の日誌やお便りの返信は、ここの文房具を使ってチャッチャと済ませます。

まとめ

「棚っぽいものを何段か」が欲しい時、事務用品のレタートレーは意外と使えるアイテムです。
我が家は文房具の収納として使用していますが、他にも細々としたおもちゃ、雑貨、道具類など、アイデア次第で応用できます。
是非、お試しあれ〜。

12月以降、東京都内で「こどものお片づけ」を気軽に学べるオリジナルの講座を開講予定です。
現在、優先案内のお申込みを受付中です。
ご登録いただいた方には、一般募集前にご案内させていただきます。
ご案内をご希望の方は、以下よりご登録ください。

こどもの自立を育むお片付け講座 詳細・優先案内ご登録

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。