「ハレの日」の食卓に!スタッキングできる脚付グラス

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

クリスマスですね。
スケジュールの都合上、我が家にはサンタは1日早く来まして、今日12月24日が本番でした。
年末年始は「ハレ」のイベントが続いたり、何かと来客が多いこの時期。
今回は、我が家で活躍する脚付グラスをご紹介します。

普段、お酒は飲まない我々夫婦。普段は使わないのですが、来客の時はお酒でおもてなしをしたい!そんな時に大活躍するのが、iittala(イッタラ)の Lempi(レンピ)です。
一般的なワイングラスと比べると脚が太くて短めで、安定感バツグン。背も低めなので、倒れにくいです。

飲み物を注ぐと、こんな感じ。350mlとたっぷりサイズです。お酒、アイスコーヒー、お水など、なんでも合います。

もうひとつはデザートグラス。La Rochere(ラ・ロシェール) のタヒチクープです。
こちらはアイスやゼリー、プリンをパフェ風に。夏はかき氷などにも大活躍。ナッツを盛りつけたりしても素敵。容量は230mlです。
上のLempi(レンピ)は大人用に対し、こちらは子供が使うことが多いので、厚くて比較的丈夫なプレスガラスのものを選んでいます。
この2つの脚付グラスの最大の特徴は、スタッキング(積み重ね)ができることです。
これは、我が家の実際の収納の様子です。腰をかがめて取り出す必要がある、出し入れしにくい場所が定位置になっています。なぜかというと、普段は使わないからです。整理収納の鉄則の中に、使用頻度別収納というものがあります。
使うモノを全部出して、
①毎日使う
②2〜3日に1回使う
③週に1回使う
④月に1回使う
⑤年に1回使う
と分類し、①〜③をベストボジションに収納する、というセオリーです。

この脚付グラス達は、我が家にとっては④〜⑤ぐらいの立ち位置。
つまり、使用頻度が低いので「使いやすい場所に置くべきモノではない」ということになります。

実際、ワインなどお酒をしょっちゅう飲むわけでもないし、
毎日のデザートをわざわざ器によそって食べるわけでもない。
でも、大切なお客様を招いた時にはおもてなしをしたい。
たまに子供達に出すデザートで「きゃ〜!お店みた〜い!」なんて喜ばれたい。

このスタッキングできる脚付グラスは、
「たまにしか使わないので、普段は省スペースに収まっていてほしい。でも、いざって時は特別感を演出したい」
という想いを叶えられる、ちょうど良い商品です。オススメですよ。

食器が多くて、うまく使いこなせなくて困っている方。
Q.どんな時に
Q.どのぐらいの頻度で使うものなのか
Q.なんのためにそれを持っているのか。
改めて考えてみると、用途が浮かんで使いこなせるようになったり、逆に手放す判断がつくことがあります。

これから何か食器を揃えようと思っている方。
上と同じ質問以外にも、
Q.どこに置くのか
Q.どのぐらいのスペースに収まってほしいのか。
そこをしっかり考えると、買ってから使いこなせないという失敗がなくなります。

よかったら、参考にされてみてください!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP