子育て

トイレトレーニングにオススメ!安定感バツグンの「コの字」踏み台

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今日は、我が家のトイレに設置しているコの字の踏み台をご紹介します。

楽天の「手づくり工房かくれんぼ」というショップの、トイレの踏み台カラータイプ で、ホワイト色です。

第1子の6歳、第2子の4歳に続き、現在トイトレ中の第3子の2歳も使用中。購入して3年半ほど経過しますが、我が家はずっと設置しっぱなしです。2歳差育児なもので…!

家具の産地、福岡県大川で作られています。種類がいくつかありますが、我が家が使っているものは「スタンダード 高さ22.5cmタイプ」です。

素材は、木のようでいて木ではない。MDFという素材です。簡単にいうと木の繊維を樹脂で固めたもので、家具にもよく使われる素材です。

この踏み台には耐水性が高いMDFが使われていて、表面はエナメル塗装されています。

水気がある場所や、アルコールや洗剤で頻繁に掃除をする必要がある場所には、天然木よりもむしろこちらの方がいいかもしれませんね。

便器側がくり抜かれているのですが、この形はトイレの種類に合わせて選べます。型紙が用意されていて、購入前に自分の家の便器に合うか確認できます。

我が家のものは旧モデルで、しかも前の賃貸マンションにあわせて買ったものを使っているので、微妙にスキマがあいています。(そしてスキマがあいていても、全く問題はないです…!)

参考までに、こどもが座った動画を。

まず、第1子の6歳(身長115cm)に座ってもらった様子です。

高さ的にいうと、彼女はもう使わなくても大丈夫です。出先では大人用のトイレで用を足しています。

元々、この踏み台は長女が3歳の時、トイトレ苦戦中に導入しました。ハシゴ型やプラの軽いものなど、色々な検討しましたが、慎重派な長女が安心して使えるようにドッシリした「コの字」の踏み台を探しました。両足を踏ん張れるのがよかったみたいで、その後スムーズにおむつが外れました。

この踏み台だとこどものトイレの度に設置しなくてよくて、慣れてくるとひとりで行ってくれるのでラクです。

よく「大人が座った時は当たりませんか?」と質問があるのですが、ふくらはぎにちょっと当たりますが、今や全く気にならないです。

次に、第2子の4歳(身長95cm)に座ってもらった様子です。

彼はトイトレをアッサリ完了しました。長女の時にキリキリしてしまったので、私の方も反省しつつ…でした。 男子なのでたまに立って用を足すこともあります。

そして、第3子の2歳(身長85cm)に座ってもらった様子です。

ゆる~くトイトレ中です。現在は、つま先はついていますが、かかとが浮いている感じです。姉&兄の真似をして果敢に攻めていくタイプですが、トイトレはどうなることやら。焦らずやっていこうと思います。

ちなみに、補助便座も一応持ってはいるのですが、前の賃貸マンションの便座が狭めの機種?だったこともあり、6歳使わずに完了してしまいました。

4歳は、その流れで補助便座なしでトイトレ完了。2歳も様子をみつつ、今後必要があれば使おうと思います。

この踏み台はしっかりした作りなので、大人が立ってもビクともしません。耐荷重100kgのテストに合格しているようですよ。

また、全ての角が丸く仕上げられているので、こどもが使うことを考えると安心!

3年半使ってみての劣化といえば、ほんの少しだけ塗装がはげたぐらいです。

末っ子2歳がいるので、この踏み台にはまだまだお世話になります!

もちろん、トイトレは本人の性格、タイミング、住環境など色々なことが影響します。この踏み台があるからトイトレが成功、失敗ということではないと思いますので、ご了承くださいね。

あくまで、我が家で「買ってよかった育児用品」としてのご紹介でした。

もしよかったら参考にしてみてください!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。