こどもとお片づけ

こどもと暮らす、おうちの中の安全対策 ① キッチンのベビーゲート 編

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

私たちの家は、基本的に大人の常識のもと、大人が使いやすいように設計されています。そのため、こどもと暮らす時には、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

赤ちゃん〜幼児期にかけての身体の発達と共に、家の中の安心安全を見直し、ここまではOK、ここからはNGと範囲を決めることが必要です。

今日から数回に分けて、我が家の安全対策についてご紹介させていただきます。第一回目は、キッチンのベビーゲートです。

我が家は第1子の6歳、第2子の4歳、第3子の2歳がいますが、ベビーゲートが必要=キッチンに入って隙あらばイタズラをする人は、第3子の2歳のみです。

3人のこどもたちの乳児期、それぞれ別の家に住んでいて、今が3軒目です。

家の間取りも、使っていたベビーゲードも全て違います。サイズや固定方法が全く合わないので、それぞれ引っ越しとともにサヨナラしています。

そのため、おうちの条件によって「選ぶベビーゲートが全然違う」というのは前提として、我が家が今使用しているものをご紹介していきます。

全ての方には当てはまらないと思いますが、参考になれば幸いです。

我が家が今使っているのは「日本育児  おくだけとおせんぼ Mサイズ」です。

突っ張り式のゲートが固定できない家の構造、そして壁にネジをあけたくなかったので、これを選びました。扉はナシのタイプで、大人はまたぐタイプです。

はじめは滑り止めを敷いているだけでOKでした。第3子は、以前までは入れなかったのですが、現在2歳2ヶ月。知恵も力もついてきているので、横からガンガン入ってきます。

商品説明にも対象年齢が満2歳までと表示がありますし、おそらく、もうそろそろ、厳しいです。

経験上、ここまでくると完璧にガードするのは難しく、侵入までの数秒の時間稼ぎになってきます。ないよりは、ちょっとマシぐらいです。

手前のトラップのひとつぐらいで…!そのため、キッチン内の火の元や刃物などは気をつける必要があります。(それはまた次回!)

ただ、少しでも「ココは君がイタズラしていい場所じゃないぞ」という抑止力につながればいいなということで、「おくだけ通せんぼ」の我が家のカスタム方法をご紹介します。

自己責任でやっていますし、間取りや家具の配置でできないこともあると思いますが、アイデアとして…!

まず、家具用のフェルトと、ヒモを用意します。我が家はニトリのクッションフェルトを使っています。ヒモは、何でもOKです。

このベビーゲートは、間口よりもゲートの幅が広いので、ゲートをキッチン側に引き込むように引っ張ることで固定しようという作戦です。

そのため、重いモノで左右から引っ張ります。我が家は配置的に使えるのが、冷蔵庫とダイニングテーブルです。

まず冷蔵庫の前脚にヒモを通して結びます。冷蔵庫はおそらくキッチンの中で一番重いものかなと思います。冷蔵庫には、表に見えていなくても、実は短い脚があります。

冷蔵庫からのヒモを、ベビーゲートのフレームと引っ張りあって結びます。場所はどこでもいいですが、ヒモがズレにくい部分がオススメです。

ちなみに、このヒモはキッチンで作業する親が、罠のように転ばないか?と、懸念していたのですが、うちの場合は大丈夫でした。マットをひいて隠してもいいかもですね。

逆側は、ダイニングテーブルの脚と引っ張りあって結びます。このベビーゲートはスチールのフレームの表にポリエステル&ナイロンが巻かれているので、その内側のフレームに通すとよいです。

引っ張る力で傷つかないよう、気になる部分はフェルトでガードします。我が家はキッチンとテーブルの脚が木製なので、念の為貼り付けています。

これはキッチン側です。パーツが当たるのでフェルトをつけています。

キッチンの角にもフェルトを。引っ張る力の負荷は、ココに一番かかります。

あとはテーブルの脚の部分です。これも、抜けないようにフェルトを細く切って間に挟み込んでいます。

まあ、このように固定しても、力任せに動かすとスキマがあくので、覚えてしまったら横から入ってこれてしまいます…。

ただし、数秒の時間稼ぎ&「ココは君がイタズラしていい場所じゃないぞ」という抑止力という意味で、あってもいいのかなと思います。

はじめにもお伝えした通り、おうちの間取りや家具の配置によって、そしてお子様の性格&能力などで違ってくると思います。

我が家の中だけで考えても、第2子の4歳は、この家に引っ越してきた時は2歳の時。当時の彼はこんなにガンガンキッチンに入って来なかったな~と思うので、きょうだいでも違いますしね!

あくまで、我が家の例としてご紹介させていただきました。もしよかったら参考にしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。