こどもとお片づけ

お片づけがどんどん進む! スキマをあける投げ込み収納のススメ

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今日は、こどもが自分で片付けられるおもちゃ収納のコツをご紹介します。色々あるのですが、ハード面(収納用品)からのアプローチです。

我が家は6歳、4歳、2歳と3人おりまして、数年間かけて試行錯誤してきました。

そして導いた結論。「棚とボックスの間に、10cm以上のスキマをつくるとあっという間に片付く!」です。

4歳の息子で実験をしてみたので、動画も合わせてご覧ください。

スキマが3cmの、ちょっと背の高いボックスを入れてみると…まず棚から一回引き出してからおもちゃを戻していますね

でも、スキマが10cm以上あいていれば、ボックスが棚に入ったまま、何もせずに投げ込むだけ。ポイポイ~!この「引き出さなくていい」って、めちゃくちゃ便利です。ワンアクション、消えますから!

もっと大きなおもちゃはどうでしょうか。

スキマが3cmの場合。大きなボールを持ったまま、ボックスを引き出していますね。ちょっと大変そう。

でも、スキマが10cm以上あいていれば、おもちゃが大きくてもボックスを引き出さずに入るんです!

…ということは。

たとえスキマがある高さだとしても、フタ付きだったらおもちゃを投げ込めないです。(当たり前ですが)フタを取るというワンアクションが入ってしまいます。

さらに、ボックスにフタをついた状態で2つ重ねていたりすると、もっと大変!

例えば下のボックスのおもちゃを出してくる様子を想定すると…

まず2つとも棚から下ろして、上のボックスを下ろし、フタをあけて、また戻して…って、出し入れに時間と手間がかかりすぎ!こどもは嫌になっちゃいますよね。

こどもの目線の高さで立ってこのおもちゃ収納を見ると、スキマがあるので自然と中身が見えるんです。

ボックスにはラベルもつけているのですが、それに加えて現物が見えるので、より認識しやすくなります。

スキマをつけておくと、こどもが遊びやすいし、片付けやすくなりますよ!

棚の間隔と、ボックスの高さを意識して、投げ込み収納がカンタンにできるようなモノ選び&棚板調整をしてみてくださいね!

そして、ここからちょっとマニアックな話です。

棚の間隔と、ボックスの高さについては「むしろ狭い方がいい」「スキマがあったら落ち着かない」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。フタだって「どうせならついていた方がいい」と思われる方もいらっしゃいますよね。

なぜなのか。それは、

そ れ で 売 っ て い る か ら!

だってメーカーとしては、

そ の 方 が 売 れ る か ら!

収納用品は、たくさん収納できる「量的な価値」がもてはやされ、中身が見えない「隠せる価値」が美徳とされています。

だからメーカーは、セットとなる棚を想定して、ボックスはスキマなくピッタリするように設計し、重ねられるようにフタをつけるんですね。その視点で、世の中の収納用品を見てみてみると、よ~くわかりますよ。

では、消費者としてできることは何でしょうか。

きちんと考えて、モノを選ぶことなんです。

誰が、どこで、どんな風に使うもの?どんなストレスがあって、どうなったら理想的なのか。

でもそれって、なかなかハードルが高いこと。

なので私ができることは、情報を発信していき、少しでもお手伝いをすることだと思っています。

いかがでしたでしょうか。よろしければ、参考にされてみてくださいね!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。