子育て

無印良品のファイルボックス&メイクボックスでお弁当用品収納!

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今回は、無印良品のファイルボックスと、メイクボックスを使ったお弁当用品の収納方法をご紹介します。

この春、小学校へ入学した長女。
1年生はしばらく給食がないので、4月1日の学童入所から、平日は毎日お弁当を作り続ける日々でした。
そして今週、やっとやっと…待望の給食がはじまりました。長かった〜!でもすぐにGW…!
この日々のお弁当作りをキッカケに、起き抜けのボーっとした頭でも短時間でスムーズにお弁当が作れるよう、収納の見直しを行いました。

まずは、毎日使う長女用のお弁当セットをグルーピングしました。(大人用、弟用のお弁当箱も別の場所にあります)
グルーピングとは、同じ仕事をするものをまとめておくことです。ワンアクションで使える&戻せるようにすることで、1秒でも「ちょっと億劫だな」「どうしたらいいんだっけ」という瞬間をなくします。

場所は、キッチンの吊り戸棚の中段です。

吊り戸棚は目線より上に位置するので、モノの使用頻度が高いものから順に、下段→中段→上段と定位置を決めます。我が家の場合は、水筒が一番。次にお弁当。最後に保存容器なので、このような順番になっています。

外側のハコとしては、無印良品のファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド・1/2(幅15cm)を2個並べて収納しています。

出し入れする様子は、こんな感じです。

ところで、無印のファイルボックスは、半透明ホワイトグレーの2色ありますが、皆さんはどうやって選んでいますか?漠然と、何の気なしにホワイトグレーを選んでいませんか?

何がどこにあるのかを一瞬で把握するためには、モノが「ちょっと見えてる」ことは、めちゃくちゃ大事な機能です。(こちらの記事でもご紹介しています)

「お弁当用品」という文字のラベルよりも、実際のお弁当用品が見えている方が、より直感的で強い情報なんですね。もし今後、収納用品を選ぶときは、色のことを意識してみてくださいね!

ファイルボックスには、中身が混ざらないよう仕切りを入れます。
ここでも、ここでもご紹介している、大好きなメイクボックス 1/2横ハーフ(190円)です。我が家ではテッパンのサイズ!

さらに細々したものはコットン・綿棒ケース(150円)を使って仕切ります。

我が家は、ウィンナーの抜き型やタレ用ボトルなどを入れています。

 

マニアック情報ですが、このコットン・綿棒ケースは、メイクボックス 1/2横ハーフの、単純なハーフサイズではないです。ハーフサイズよりもひとまわり小さいです。

そのため、ファイルボックス・ワイド(幅15cm)にちょうど2個並ぶサイズになります。
我が家のお弁当収納では、タテの空間が必要だったので、お弁当収納にはこのように使っていませんが、ご参考までに。

朝のお弁当作りは、キッチンの作業台にファイルボックス2個を並べるところから。
使うモノがまとまっているだけで、毎日のお弁当作りがグッとラクになりますよ!
どうぞ、お試しあれ~~!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。