整理収納

布団カバーの交換をカンタンに!ヒモ→ボタンにカスタムする方法

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

今日は、布団カバーについて。布団カバーがズレないようにヒモを結ぶ。正直これ、ちょっと面倒じゃないですか?

そんな声がメーカーに届いているためか、最近販売されているカバーはヒモでなく、パチンとボタンで留めるタイプに切り替えられつつあります。無印良品、ニトリ、通販系も色々と。

ということは、やっぱりヒモよりボタンの方が、カバー交換がラクなんですよね…!

だけど、我が家の布団カバーは、何年か前の…ヒモです!ボタンにしたいから最新のシーツに買い替え…ませんよね、うん。勿体無い!まだ使える!

ということで、手持ちのシーツがヒモの場合、ボタンにカスタムする方法をご紹介します!

100円のネームリボンを使って工夫します。こども用のお名前付けに使うアイテムです。両サイドにスナップボタンがついていて、ボタンを留めると輪っかになります。

これは元々、直接名前を書きたくないor書けないモノにつける商品です。画像のモノは、セリアで購入しました。ダイソーにも何種類かありました。

普段は裏側に隠れているので、正直色柄はなんでもいいと思います。むしろ色が目立った方が、場所が分かっていいかもしれませんね!

カバーのヒモの個数分使うのでご用意ください。四隅だけでなく、モノによって6箇所とか、8箇所ついている場合もありますので…!

これをカバーに直接縫い付けると、既製品っぽく仕上がります。

でも、私は面倒なのでもちろん縫いません!(針と糸は写真用です)

もし縫う場合でも、以下の方法で試してみて、良さそうだったら縫ってもいかもですね!

実際、私がやっているのはもっとカンタンな方法です。

まず、ヒモに1~2cmぐらいの輪をつくります。固結びで、取れないようにしっかりと。そして、輪の中にネームリボンを通します。

余ったヒモが邪魔なら切ってもOKですが、これも、いきなり切るのではなくて、まずは試して「このワザ使えそうだな」と思ったらカットでもいいかもしれません。

布団のループにネームリボンを通してパチン!と留めるだけです。ヒモからボタンに変わっただけで、カバー交換がラクになります。

もしもネームリボンが長すぎる場合は、結んだり縫ったりと、適宜調節してください。

ちなみに、私が使っているセリアは、長さ違いで2本ずつ入っていますが、特に気にならないので結ばずにそのまま使っています。

お洗濯の時は、ボタンを留めてから洗わないと、迷子になるのでご注意を…!(我が家はネームリボンがついたまま洗っていますが、特に劣化なしです)

以上、布団カバーのヒモをボタンにカスタムする方法でした。是非、参考にしてみてくださいね!


↓下の写真バナーをクリックしていただくと、ブログランキングサイトのポイントが上がる仕組みになっています。 

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


にほんブログ村

1日1回のクリックが有効になります!大変お手数をおかけしますがポチッとクリックして応援していただけると嬉しいです!


フォロワー4万人超のInstagram!こちらも是非フォローしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。