こどもとお片づけ

のび〜るねり消しで、小学生の筆箱を楽しくお掃除!

東京都小金井市の整理収納アドバイザー 水谷妙子です。

4月に小学校に入学した6歳の長女。もうすぐ1学期が終わります。

ちょっと気になっていることが。学校で使う筆箱が、汚いんです…笑

まず、外側になんか落書きしていますしね。。。

消しカスや鉛筆の粉、削りカスなどが細かく散らばっていまして。私はそんなに神経質な方ではないんですが「きったないな~」と気になるぐらいです。

ちなみに、本当は、鉛筆を入れる向きは上下逆です。尖っている方を守られるようにガードがついていますが、娘は逆に入れてきちゃうんですよね。でもまあ、いいかと思っています。

道具は自分で手入れして、なるべく長く、そして大切に使ってほしいな~という親心。

そして、汚くなったからすぐに買い換えたいとかNGだぞ!(すごく言いそう)という牽制もこめて!

こどもが楽しく筆箱をお掃除できるアイデア…と考えて、ねり消しを使うことにしました。細かい汚れは、拭き取るよりも粘着させちゃった方がラクに取れますし!

私は100円ショップのセリアで購入しましたが、ダイソーキャンドゥなど、他の100均でも売っているみたいです!

使いはじめのねり消しは固いので、柔らかくなるまで練ってくださいね~!

まずは小1長女が挑戦!ねり消しの形を変えながら大きなゴミを取っていきます。

はじめはぎこちなかったのですが、すぐにコツをつかんで、うまく形を変えていました。粘土遊びが好きな子はイイと思います。

そして、仕上げはお母さん♪お父さん♪びょ~んと伸ばして、筆箱の凹凸に合わせてゴシゴシ。

なんだか懐かしくて、楽しくて、本気になってしまいます。こどもが取り残した細かい汚れに対して必死!!しばし、時間を忘れます…!

そして、だいたい取れたところで終了!

やっぱり細かい汚れまでは取りきれず。もちろん新品には戻りませんが、ヨシとします!

外側も、若干薄汚れてはいますが、謎の落書きもキレイに消せました!OK!

ちなみに、ねり消しは小学校へ持っていけないと思いますので、おうち専用ですね!

そして小さなお子様がいる場合は注意!我が家も4歳と2歳の弟たちがいる時は使っていません。

親子で夢中になれる、ねり消しを使った筆箱お掃除タイムでした!

最後に、母が作ったねり消しの花をそっと添えて。

よかったら参考にしてみてくださいね!

ABOUT ME
水谷 妙子
水谷 妙子
ものとかぞくでは、「家族が笑顔になる暮らし」を目指して、あなたの暮らしがうまく回る「仕組みづくり」のお手伝いをします。 無理せず心がホッとラクになり、生活が変わっても自分で見直していける。そんな毎日を応援します。